ひげ脱毛は次のような方におすすめします

ひげなどの男性脱毛専門サイト-大阪梅田中央クリニック
医療レーザーでヒゲ脱毛■ひげを1日2回以上剃ることがある方
■朝ひげを剃っても夕方にはひげが少しはえている方
■にきび体質やアトピー性皮膚炎のため、ひげ剃りの後、肌が荒れてしまう方
■かみそり負けしてしまう方
■ひげを剃った後が皮膚が青くなる方
■ひげそりが面倒な方
■ひげを伸ばしているが、もっとメリハリのあるデザインにしたい方

毛のしくみ

毛のしくみ
目に見えている毛は1本ですが、私たちの体にはおよそ100〜150万本の毛があり、皮膚の中は複雑です。
毛穴全体を「毛包」といい、毛根の奥には「毛乳頭」というタネの様な球があり、
その上部に「毛母」がくっついています。この毛母細胞が 細胞分裂を繰り返し、髪を作っていきます。
 
毛周期

私たちの体毛は

成長期(現在、毛が成長し続けている時期)

退行期(成長が停止し、毛が抜けていく時期)

休止期(発毛が停止している時期)

というような、一定の周期を繰り返しておりこの毛のサイクルを「毛周期」といいます。生えている毛=成長期、退行期、生えていない毛=休止期となります。おおよその割合は以下の通りです。
 
  生えていない毛の割合(%) 生えている毛の割合(%)
あご 30 70
わき・陰部 70 30
うで 80 20
あし 80 20

(個人差あり)


つまり、生きていれば、皮膚の皮が新陳代謝とともに、アカとなって剥がれ落ち、
新しい皮膚が再生するように私たちの毛も一定の周期で生まれ変わっているのです。
髪の毛と同じように、陰部の毛や手や足の毛も自然と抜け落ちているのです。

 

メンズ脱毛の場合

一般的に男性ホルモンアンドロゲンの分泌量に比例して濃く、多くなります。
特にテストステロンという特殊な男性ホルモンの影響を受けるヒゲです。
男性は女性に比べ体毛が多く濃いのはこの男性ホルモンのせいなのです。
男性の脱毛も女性などの一般の脱毛と特に変わりませんが、
男性のヒゲは髪の毛のように生え換わる期間が短いので少し早めにレーザー照射していく必要があります。
 
メンズ脱毛の注意点


■男性の顔のひげは、髪の毛のように毛根が深い。

男性のお顔のひげや髪の毛のように毛根が深いのでエネルギーが毛根まで届きにくいため困難な場合があるのです。
これは根気強く照射して発毛組織にダメージを与えていくことで脱毛できます。
大阪梅田中央クリニックの患者様をみていますと、
男性のヒゲ脱毛の場合きちんと定期的にご来院いただいて平均1、2年コースでご満足されています。


■日焼けしている肌(色素の濃い肌)の場合

男性は女性に比べ地肌の色が濃い目です。
レーザーは黒い色(メラニン色素)に反応しますので地肌が黒い、または日焼けして肌が黒いとその黒い皮膚にもエネルギーが吸収され、毛にダメージが届きにくく脱毛の効果が減少したり、皮膚がヤケドをしたりしてしまう可能性が高くなります。
これも肌にダメージのない出力を根気強く照射して発毛組織にダメージを与えていくことで脱毛できます。
 

メンズ脱毛に関するお問いあわせ

メンズ レーザー脱毛に関するご予約・お問い合わせ カウンセリング無料
bt_tel
bt_yoyakubt_sodan

クリニック案内

大阪梅田中央クリニック accessmap
 
大阪府大阪市北区芝田1-5-12 備後屋ビル5F (隣:がんこ寿司梅田本店)
 
maps_logo
■診療科目: 形成外科 美容外科 医療レーザー
■所在地: 大阪府大阪市北区芝田1-5-12 備後屋ビル5F
■電話: 0120-288-556(完全予約制)
■受付時間: 9:30〜20:00(土日祝も開院)
大阪市北区芝田1-5-12 
診療時間
診療時間 9:30~18:00
受付時間
電話受付 9:30~20:00 土日も開院
アクセス方法
大阪梅田中央クリニックは 阪急茶屋町口出てすぐ
レーザー脱毛
包茎長茎増大早漏
男性オフィシャル
AGA薄毛治療
美容整形オフィシャルサイト

大阪梅田中央クリニック院長 梶昇吾

<経歴>
平成7年三重大学医学部卒業
平成9年名古屋大学形成外科 入局
平成9年川崎クリニック 勤務
平成20年大阪梅田中央クリニック開設

全国22院中央クリニックグループ技術指導医